今度こそ禁煙!禁煙外来に行ってみました

スポンサーリンク

何度となくチャレンジしては失敗を繰り返してきた「禁煙」。喫煙歴25年、そろそろ本気で終止符を。今回はお医者さんの力を借りてタバコと絶縁したいと思います。

スポンサーリンク

禁煙外来

「ニコチン中毒の症状を医学的に抑制し、喫煙したくなる弱い心を叱咤激励してもらうために禁煙外来は有効な手段。禁煙まで数回通院する必要があるのでなるべく通いやすい、家の近くのクリニックがオススメ。」

という経験者のアドバイスに従い、近所で禁煙外来を扱っている内科のクリニックへ。

初回のみ、他とは違う時間帯で予約受付していました。
詳しい説明が必要で、時間がかかるので別の時間帯を設けているそうです。

受診スケジュール

初回診療
治療前の問診、禁煙治療のための条件の確認、診察、そして呼気一酸化炭素濃度の測定、禁煙実行に向けてのアドバイス、禁煙補助薬の処方、など。

禁煙補助薬については、
体に貼る「ニコチンパッチ」
口の中の粘膜からニコチンを吸収する「ニコチンガム」
そしてニコチンを含まない飲み薬「バレニクリン」
があります。

車を運転する人はバレニクリンは使えないとのことで、「ニコチンパッチ」を使用することになりました。
効果はさておき、自己負担額はニコチンパッチの方が安くなるとのことです。

禁煙外来 ニコチンパッチ


再診

1回目の再診は「2週間後」。

その後は、
「4週間後」⇒「8週間後」⇒「12週間後」⇒ 禁煙成功!!

という流れになるとのこと。
3ヶ月間、頑張るぞ!

ニコチンパッチ

禁煙補助薬「ニコチンパッチ」。
処方箋は薬局で受け取り。

出してもらったのは「ニコチネル」。

お腹、腰、両上腕部に貼るそうで、肌がかぶれることもあるので、毎日違う場所に貼った方が良いとのこと。

1回貼ったら24時間貼りっ放し。

禁煙外来 ニコチンパッチ

お腹に貼って、これで安心!思ってたら、いつの間にか外れてました。でもちゃんと禁煙は継続中。要は気持ちの持ちようか??

しかし、汗かくと簡単に外れちゃうんですよね。もっとしっかり貼りついといて欲しいもんです。

まとめ・感想

まだ禁煙2日目が終わったところですが、今のところ順調そのもの。

お酒を飲むと理性が弱まるので、控えた方が良いと言われましたが、ストレスが溜まりそうなので晩酌にちょっとだけ(^^;

たしかに吸いたくなりますが、そこはグッと耐えないと…

自力だと初日から「1本くらいはいいかな?」とついついちょっと吸っちゃっていましたが、今回は禁煙の気持ちも強く、まだ0本。今回こそはやれそうな気がしてます!

まだまだ油断はできませんが、なんとかこのまま禁煙成功させたいもんです!

タイトルとURLをコピーしました