梅酒造り、仕込み完了!

スポンサーリンク

チョーヤ梅酒の梅体験専門店「蝶矢」で影響を受け、梅酒をつくるぞ!と準備してきました。


果実酒瓶、梅の実、氷砂糖、お酒(ホワイトリカー&ブランデー)を購入して準備は万端!
≫≫ 今年は自家製梅酒づくりにチャレンジ!

いよいよ梅酒づくり開始!

材料の確認

今回の梅酒は、4リットル瓶が2つ分!

4リットル瓶2つ分の材料は、

梅の実 ・・・ 1.0kg ×2 = 2.0kg
お酒 ・・・ 1800ml ×2 = 3600ml
氷砂糖 ・・・ 500g ×2 = 1000g

今回、お酒は「ホワイトリカー」と「ブランデー(V.O)」の2種類を用意。
違う味の梅酒を楽しむ予定です(^^♪

自家製梅酒 セット

梅酒のつくり方

1.梅の実

まずは、梅の実の処理。

皮をきれいに水洗い、しっかり水分を拭き取ったら「ヘタ」を取り除きます。

梅酒 水洗い

梅酒 ヘタ取り

苦みの原因になるので、面倒ですが処理、処理、処理!

2.瓶詰め

綺麗に処理した梅の実を瓶の中に詰めていきます。

「梅と氷砂糖を交互」に入れる、と書いてありますが、1段梅を敷いたところで氷砂糖を投入。

更に梅を敷きつめ、その上に氷砂糖。

梅酒 梅の実 氷砂糖

ここら辺は適当です(^^♪

梅酒 梅の実 氷砂糖

3.お酒

最後にお酒をドバドバ。

「美味しくな~れ♪ 美味しくな~れ♪」と唱えながら愛情込めてお酒を注ぎましょう(^^)/


これで仕込みは完成!

梅酒 ホワイトリカー ブランデー

梅の実の処理が大変ですが、他はとっても簡単♪

梅酒の熟成期間

仕込みが終わっても、すぐ飲めるという訳ではなく、梅酒には「熟成期間」が必要。

基本は放置ですが、たまに静かに回して氷砂糖を溶かします。
ある程度は自然に溶けますが、混ぜないで放っておくと、溶けない氷砂糖が瓶の下に溜まってしまうので注意です。

2~3ヶ月も経つと一応完成!
ただ、梅酒は熟成が遅く、じっくりゆっくり熟成させる方が美味しくなるのでしばらく我慢!

中に入っている梅の実は、半年ほどで取り出し、「梅ジャム」を作る予定。これも楽しみです(^^♪

タイトルとURLをコピーしました